2019年09月02日

日本の領土は竹島

 韓国軍、竹島で「領土防衛訓練」 日本は中止求める
 日韓軍事協定破棄に続き日本に圧力
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48979520V20C19A8000000/
 韓国海軍は25日、島根県竹島(韓国名・独島)の周辺海域で、同島の防衛を想定した定例の軍事訓練を開始した。26日まで実施する。22日に日本と韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたのに続く安全保障上の措置で、韓国に対する輸出管理強化に乗り出した日本への反発の意味合いが色濃い。日本は訓練に抗議し中止を求めた。

 日本は韓国の竹島上陸訓練に対し日米で朝鮮半島奪回訓練として軍事訓練をアメリカと竹島領土防衛訓練を一緒にやろう。今回はアメリカも協力的にならないと思うが韓国に竹島は日本の領土だと主張する為に軍事訓練をアメリカとやればアメリカは韓国に協力的でないと表明する事ができ、竹島もアメリカが過去に認めた日本の固有の領土だとして誇示できるので、これにより韓国が北朝鮮よりかそれとも米国よりかが判明する。北朝鮮よりだとわかれば韓国を敵対国として対象を明確にでき、韓国と北朝鮮を血祭りにできる。韓国も竹島で防衛訓練をする事ができなくなり益々韓国は困るだろう。そこで日本が防空識別区に認定すれば良い。そうすれば韓国はぐうの音も出ずに竹島を2度と韓国の領土と言い張ることもできないだろう。

甘利氏「ローテクで日中協力強化」、自民議連提言へ初会合
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49162450Z20C19A8PP8000/
自民党のルール形成戦略議員連盟(会長・甘利明選挙対策委員長)は29日、汎用性の高い「ローテク」分野で日中の産業協力を強める提言に向けた初会合を開いた。中国の中古車市場でハイブリッド車(HV)や低燃費のガソリン車を普及させる方策をまとめる。
日本メーカーが先行するHVは電気自動車(EV)に比べ構造が複雑で雇用の創出効果も大きいとみる。甘利氏は「基幹技術の流出を防ぎつつ中国市場で事業をするための一つの解にしたい」と語った。

 ローテクとHVを分類しているが日本のHV技術は他国のBMWやFW(フォルクスワーゲン)などが簡易型で開発中だがまだローテクと言えずハイテクな技術なので、中国に技術流出をさせるのは間違っていると思われる。簡易型を日本も技術開発を進め欧米に負けないようにする必要があり、中国に技術を売り渡すような真似はやめてほしい。実際HVは全世界で200万台ぐらいしか普及しておらず3、4千万台の1割にすぎず技術的に確立したものではない。ともかく日本は中国にベッタリな態度を改めてほしい。

クリックしてくれるとありがたい

政治ランキング

posted by シズク at 15:34| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください